価格帯から選ぶ

一万円で買える機械式時計の機能はかなり限定される

価格帯によって機械式腕時計の機能は異なってきます。したがって、予算を重視して時計を選ぶ場合、「これだけは譲れない」という機能を決めておいて、それが含まれているか確認するようにましょう。たとえば、予算が一万円しかないという場合ですが、一万円で買える機械式腕時計の機能はかなり限定されるといっていいです。 まず手巻きモデルはほとんどなく、自動巻きモデルから選ぶことになる可能性が高いでしょう。またクロノグラフ機能、つまりストップウォッチ機能はついておらず、長針、短針のオーソドックスな二針タイプが多いかもしれません。価格帯が五万円ぐらいになってくると、ついてくる機能は多くなり、デザインも豊富になるでしょう。

自分に合ったものを選びたいなら十万円台ぐらいのものを

十万円台になってくると、機械式時計につけられる機能はだいたいついているといって過言ではありません。自動巻きと手巻きがあり、カレンダーはついている可能性が高く、防水機能もあるでしょう。モデルによってはクロノグラフ機能もあるはずです。格安モデルを作っている特定のメーカーのものしか買えないといったことはなくなり、いろいろなメーカーのモデルから選ぶことができるでしょう。そういった意味で、自分に合った機械式腕時計を買う場合は、だいたい予算を十万円前後で考えておくと選びやすいといえます。
十万円よりも高い時計、たとえば、五十万、百万といった価格帯のものは、時計にブランド的な価値を見いだす人ならいいでしょう。

ウブロのビッグバンは高級ブランド時計として有名です。様々な機能を備えていて、防水性能も完備しています。