機械式時計とクオーツ式時計の違い

価格に大きな差がある機械式時計とクオーツ式時計

腕時計は大きく分けると機械式時計とクオーツ式時計があります。この二種類の時計は見た目にはそこまで違いが無くても、実際には大きな違いがあるのです。
機械式時計とクオーツ式時計の違いでも大きなものはその価格です。水晶と電気を使って高い精度の時計を安価に生産することが出来るクオーツ式とは違い、機械式は手作りによるゼンマイで動いているので生産にはかなりのコストがかかってしまいます。そのため、機械式時計は一般的にクオーツ式時計よりも高価であることが多いのです。また、機械式時計はスイスの老舗ブランドを始めとして世界的にも有名なブランドが数多く存在しており、ブランド品としても人気があるのでより高価になる傾向があるのです。

寿命に大きな差がある機械式時計とクオーツ式時計

機械式時計とクオーツ式時計には様々な違いがありますが、その寿命の長さも大きな違いの一つとなっています。 クオーツ式の時計は高精度の時計が安価に生産出来るという反面で、あまり長い年数は使用することが出来ないというデメリットもあります。故障したら修理すれば再び使えるようになりますが、使用している電子部品が生産終了してしまうなど修理不可能になるケースが多いのです。一方で機械式時計は高価であるというだけではなく定期的なメンテナンスが必要な時計です。しかし、しっかりとメンテナンスを続けて使用すれば何十年と使い続けることが出来るのです。そのため、長年使い続けていて工芸品としても扱われている時計があるのも機械式時計の特徴です。

hublotはスイスの高級時計メーカです。カルロ・クロッコが1979年に創業し、当時では珍しいゴールドケースとラバーベルトを用いた時計を発売しスイス時計業界に大きな衝撃を与えました。